待遇や条件の確認を

多くの女性が活躍する介護士の仕事でも、産休や育児休暇後に復職して産休前と同様に正社員として働けます。
雇用形態には、正社員のほかにもパートやアルバイト、派遣社員などさまざまありますが、育児休業法の定めにより会社や施設で導入している時短勤務制度を活用すれば正社員として、育児と子育ての両立がし易いようです。

この制度は、満3歳までの子供の育児をしている場合に、自分で勤務時間を短縮するための申請をすれば活用できます。会社や施設によっては、独自の制度を設けている場合もありますが、基本的には法で定めらた制度として正社員が受けられる権利です。

時短勤務制度により子供との時間を持てますが、その一方で仕事が残ってるのに帰ることや今までと同じような責任ある仕事を任されないなどの悩みもあるのが現状のようです。
ですが、このような悩みはパートでも同じとも言えます。パートは、時間や勤務日数など自由に選べますが、一定の条件を満たさないと社会保険への加入がないなど福利厚生面では、やはり正社員の方が充実しています。
そのため、復職後に正社員か時間的にゆとりのあるパートかで悩んでいる方は、将来的なことを考えてみることが最大のポイントと言えるでしょう。継続的に長く介護士の仕事を続けて行きたい方は、時短勤務制度を活用し正社員として働くことの方が適切なのではないでしょうか。
どんな雇用形態でも働く前には、待遇や条件などを十分に確認しておくことが肝心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.