子育てをもっと楽に

子育てしながらでも仕事がしやすいようにと、「時短勤務制度」というものがあります。これは、数時間早く仕事を切り上げて自宅に帰ることができるという素晴らしい制度のことです。
対象となる条件など、時短勤務制度の概要についてもっと詳しい情報が欲しい方はこちらを御覧ください。

数は少ないですが職場によっては、一日六時間程度働けばそれで十分としているところもあり、給料が減らない場合があります。そのような職場を選ぶと、一日六時間勤務でもこの制度を使えばフルタイムのときと給料が変わらなくなるのです。その点で、単なるパートとは違うと言えるでしょう。

子供がまだ小さくて手がかかるというとき、家族の夕食を自分が作らなければならないというときには、大変有意義に使うことができるのではないでしょうか。
しかし、育児のためなど特別な理由がなければ、時短勤務制度の恩恵に預かることはできません。ただ単純に仕事が辛いからだとか、遊びたいからという理由では、申請をしたところで受理されることはないのです。あくまでも育児等の支援のために作られた制度であることは忘れてはいけません。誰もがこの制度を自由に使えるようになれば、フルタイム勤務の意味がなくなってしまうので当然の措置だと言えます。

また、時短勤務制度は職場によって適用に条件があるため気をつけてください。この制度はすべての職場で同じ条件で適用されるわけではないのです。もしも使いたいと思うのなら、その企業が提示している条件を調べておく必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.