メリットとデメリット

福利厚生として挙げられている産休や育児休暇取得後に、正社員として育児と仕事を両立させたい方に適応できるのが時短勤務制度です。満3歳までの子供の育児を行なっている方を対象に、定時よりも勤務時間を短縮して就労ができる制度で自己申請により活用ができます。残業時間や深夜勤務の制限もできることから、時間的に制約のある子育て中の親にとってはありがたい制度と言えるでしょう。

時間を短縮して正社員として働けるメリットはありますが、多くの職場では時間を短縮した分、給与がを差し引かれるため、産休前と同様な支給ではないことがデメリットと言えます。
とはいえ、慣れ親しんでいる職場でそのまま継続的に働け、福利厚生もこれまで通り利用できる優れた制度です。

自分のライフスタイルに応じて時間や曜日を選んで働けるパートと今後の働き方を悩んでいる方もいらっしゃるのではないかと思います。
時短勤務制度を利用すると、正社員であり会社や施設組織に守られていることがパートと大きく異なります。会社からの補助などが欲しい方には望ましいと言えるでしょう。パートでも、一定の条件を満たしている場合には社会保険の加入や有給休暇などの福利厚生もあります。そのため、よりフリーな時間を必要な方にはパートという雇用形態も適切です。

時短勤務制度についても、各会社や施設により独自の条件などもあるため、事前にその条件などを十分に確認しておく必要があります。育児と仕事との両立は、どんな職種であっても容易ではないため、育児休業法により定められたこの制度は子育て支援のひとつの素晴らしい制度と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Proudly powered by WordPress
Theme: Esquire by Matthew Buchanan.